News

元気になるための資源を活用する

 

 

 

悲しいニュースの後には必ず

「いのちの…」の番号が掲載されます。

 

 

 

 

「誰かに話だけ聞いてほしい」

 

そんな方は遠慮なく頼っていいのでは

と私は思うのです。

 

 

 

 

わたしもお電話したことがあります。

 

でも私の場合は

「話を聴いてもらって安心したい」

というより「治りたかった」。

 

 

 

 

傾聴だけでは物足りなさを感じて

その後は利用していません…

あくまで私の場合は、です。

 

 

 

 

うつが回復してから

いのちの電話のボランティア活動するか

看護の仕事するかで迷ったことがあります。

 

現実的には仕事をしないと生活出来ませんので

看護師として臨床に戻りました。

 

 

 

 

あとは(今は問題ありませんが)単純に

「苦しい人の話をきいていると

 負の感情に巻き込まれそう」

 

 

 

 

でも話を聴いてくださる方がいて

自分はそれでもいいと思う方は

資源を活用されたほうがいいと思いますよ。

 

 

 

 

うつ病で悩む方が利用できる

様々な相談窓口もあります。

 

 

 

 

医療機関では処方があります

申請すれば治療費は3割じゃなく1割になる。

 

漢方で治療してくれる所もあります

公的機関はほぼ無料で活用できます

整体やヨガなどは心身を整えてくれます

 

傾聴カウンセラーもいます

心理療法を使う方もいます

私のようなタイプもいます

 

 

 

 

頼るかは別としてあなたには友達もいます

家族もいます

職場に産業医がいるかもしれません

近所に治った経験者がいるかもしれません

 

 

 

 

あなたは選んでいいのです

頼っていいのです。

 

 

 

 

先日、地元の「赤ちゃんポスト」の

ニュースが流れていました。

 

また悲しいニュースもありましたね。

 

 

 

 

相談すれば助かった命なのに…

相談すれば道が開けたかもしれないのに。

 

でも相談「しない」選択をして

そのつらい運命を選択「した」のは自分。

 

 

 

 

大人なんだから全て自己責任・自業自得と

言われても仕方ないですが

 

何を知っていて何を知らないか

頼るのか我慢するかによって

運命がどうにでもなるといっても

過言ではありません。

 

 

 

 

当時の私は恐れや偏見やプライドを捨てて

治ることだけに専念しました。

 

その方が解決が早いことは知っていたので。

 

 

 

 

頼れる資源、あなたの周囲にもあります

 

ぜひ一度、調べてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

-ひとりごとー

 

プライドって、うつ回復を確実に妨げます

 

私のように捨てて生きてみると

案外ラクですよ。

 

プライドの塊のような方々を見ると

生きづらいだろな… と感じます。

 

 

 

 

Copyright© 2019 gosyougawa All rights reserved.