Profile

「後生川うつ専門研究所」
代表
後生川 礼子 ごしょうがわ れいこ

資格

  • ・看護師
  • ・産業カウンセラー
  • ・介護支援専門員(ケアマネージャー)

熊本県出身。
1978年5月12日生。
2男1女の母。

熊本市医師会看護専門学校卒業後は独立行政法人国立病院機構熊本南病院はじめとした各専門機関で急性期、慢性期看護に従事、多彩な臨床経験を持つ。
うち約6年間は精神科にて精神疾患全般、特にうつ病について学び介護支援専門員資格取得後は在宅ケア、退院支援にも関わる。

35歳の時、心身のバランスを崩し「うつ病」と診断される。
増え続けるお薬に悩まされ、何度も命を諦めかけ、引きこもり無職にもなった。
医療関係者から「患者側」の立場となった時にメンタルヘルス支援の在り方、うつ病の常識的治療、精神科看護の在り方などに疑問を感じる様になる。
しかし子供たちの為に治す覚悟をきめ、「ナイチンゲール看護論」の基本にかえり、その知識で徹底的に試行錯誤。 自然治癒力や免疫力向上のための身体作り、生活習慣改善などに取り組むと1年も経たずしてすべての断薬成功。
平成26年9月看護師復帰、20㎏増加してしまった体重も、うつ病と同時に綺麗に消えさり病気になる前より健康になった。

自分と同じように、うつ病で苦しんでいる方々を支援したく平成28年、現役看護師中に1作目を出版し起業。 その方の生活背景や個別性を重要視しながらPDCAサイクルでカウンセリング実施、「うつになって良かった」と笑顔での卒業を目指す。 「本音で本気で」をモットーに誠心誠意クライアントに向き合っている。実際にうつ克服し卒業していかれた方も多数(著書に一部記載)。

毎月「東京訪問カウンセリング」実施。
カウンセリング業に留まらず執筆、講演など幅広い活動を行っている。

H9年~
高校卒業後、介護職を経て准看護師へ。
H16年
熊本市医師会看護専門学校卒業後、正看護師として医療機関に従事。
H22年
うつの在宅看護や地域ケアの重要性を感じ介護支援専門員資格取得。
H25年9月
「自律神経失調症」 ワークライフバランスと心身バランスを崩す。
H26年1月
「うつ病」
悪化し引きこもる日々。
医師やカウンセラーの声よりも実際に這い上がってきた体験者の言葉に救われ、すこしずつ光を感じる様になる。
H26年9月
通院卒業、看護師復職
H28年1月
自身のうつ病克服経験を記し全国出版。
現役看護職の傍ら「熊本うつ専門カウンセリング」起業。
全国からお問い合わせあり半年後には看護師退職、カウンセリング業1本で独立する。
H31年5月
3年間で5作シリーズ出版。
うつ当事者目線を最重視した独自の支援体制も確立。
日本全国にクライアントを抱え、クライアントの人生の伴走者として支援を行っている。
「後生川うつ専門研究所」へ変更。

Result

以下をはじめとする、様々なメディアや講演会などの様々な形で、活動をおこなっています。

熊本日日新聞

RKK熊本放送 平成27年12月10日放送

講演実績の一部

平成28年 2月

主催者
熊本県精神障害者就労支援部会主催
対象者
職業安定所職員や障害者雇用を行う企業、医療機関の支援員等

平成28年 7月

主催者
熊本市医師会病院 地域医療センター・がんと心の緩和ケアチーム主催
対象者
がんと心の病を抱える方々、センター職員、一般市民

平成28年 8月

主催者
熊本市障がい者生活支援センター青空主催
対象者
一般市民

平成28年 10月

主催者
熊本県医療ソーシャルワーカー研究会主催
対象者
医療機関で相談業務を行う精神保健福祉士と社会福祉士、看護師

平成29年 7月

主催者
熊本県産業看護協会主催
対象者
熊本県の医療機関、企業内でカウンセラー業務をしている保健師や心理士

平成29年 8月

主催者
医療業種交流会立ち上げ記念講演 あすらぼ主催
対象者
医療の枠を超えて社会を変えたい国家資格者(医療学生)

平成29年 9月

主催者
熊本県宇城市男女共同参画社会推進委員会主催
対象者
一般市民

平成29年 10月

主催者
障害者を支援するNPO法人でんでん虫の会主催
対象者
障害を持ちながら生活する方々

平成30年 3月

主催者
厚生労働省委託事業 サポステ「サポートステーションやつしろ」主催
対象者
一般市民

令和元年 10月

主催者
ナイチンゲール看護研究所主催
対象者
医療・看護・福祉に携わる方

…など

contact

Copyright© 2019 gosyougawa All rights reserved.