病気になってまで 手に入れたいモノって何ですか? 

こんばんわ。

熊本うつ専門カウンセリング 後生川礼子です。

 

 

 

 

先月6日から本日まで のべ26名の方とお逢いして お話しをしています。(仕事でも 今迄うつ病や自律神経失調症の方々の看護を行ってきたので 本当は数万人でしょう)

そして毎日 行っている10分間の無料電話相談。

ほんとうに 北海道から鹿児島まで・・・

 

 

 

 

全国の方々の元へ この本が届いているんだな・・と実感しています。

ただし時間の都合上 短時間しか対応できず本当に申し訳ありません(>_<)

 

 

 

 

 

私も 当事者になってみて改めて感じた事があります。

 

 

 

 

病気になってまで 手に入れたかったもの。って・・

 

 

 

 

 

もし 自分を鬱病に追い込んでしまうまで。自分の心に素直になれず 走る理由って。その答え・・。

 

 

 

 

有りますか?

 

 

 

 

安定した給料? 仕事を無欠勤で頑張って得られる信頼?

話題に入れてもらえるように 過ごすランチ。その時間仲間外れにされたくないから?

自分が休んでいる間 いない人間の悪口をいう仲間が気になる?

 

 

 

 

 

心が元気が出ないとき そこに包帯を巻いたり 赤く腫れあがっているわけでもない。だから 誰も傷付いている事なんて 分かってくれないんだよ・・

 

 

 

 

点滴は 魔法の薬でも無い。ほんの一時しのぎに過ぎない。

 

 

 

 

本当のキツさなんて 自分にしか理解出来ないんだ。理解してくれるのは、親でも無い。親友でも無い。隣で仕事する同僚でも・・・・ない。

 

 

 

 

答え・自分。

 

 

 

 

仕事人としての あなたの代わりなんていくらでもいるんだよ。でもね・・

 

 

 

 

生きる一人の人間としての 「あなたの代わり」なんてこの世に存在しない、

って知ってた?

 

 

 

 

「休んだら どう? 本当にこのままでいいの?」

 

 

 

 

そのサイン。気付けていますか?

 

 

 

 

鬱病になってしまうと そんな自分を受け入れるまでに相当な時間を要してしまう。

 

 

 

 

何カ月も・・何年も・・長い人は何十年も。

 

 

 

 

先週 少しだけお電話でお話しした とある女性から今日お電話を頂きました。

 

 

 

 

後生川さんのお蔭で休む決心をしました。って。

 

 

 

 

 

では・・

 

 

 

 

 

最後に あなたにもう一度 聞きますね。

 

 

 

 

病気(鬱病)になってまで 手に入れたいモノは 何ですか?・・

 

 

 

 

熊本うつ専門カウンセリング  後生川れい子。